手の甲血管ハンドベイン ハンドピュレナ副作用

手の甲血管ハンドベイン ハンドピュレナ 副作用

手の甲血管を目立たなくしてくれるハンドベイン ハンドピュレナの 副作用について

ハンドピュレナを購入して試してみました。

 

 

実際に手も甲にに塗ってみたがあまり痒くなるとか、赤くなるような症状は私には出なかった。
ただ、含まれている成分に寄っては万人に対応はしてないので何らかの症状が出る恐れがあるように思われる。

 

では、成分別に調べてみました。

 

ハンドピュリナの公式サイトを見ると、パッチテスト試験済み商品であることが書かれています。しかし、本当に副作用の心配なく使える商品なのでしょうか。ハンドピュリナの副作用について調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

 

●ヒドロキシメトキシフェニルプロピルメチルメトキシベンゾフラン

この成分によって、肌をふっくらさせる効果が期待できます。なので、シワが目立つ手の甲に塗るとシワや血管が目立たなくなります。聞いたことのない成分なので、不安に思われるかもしれませんが、副作用の心配のない成分となっています。

 

●ベヘニルアルコール

アルコール成分が配合されていると、肌荒れが起きてしまいます。しかし、ベヘニルアルコールは、植物由来の成分なので副作用の心配がありません。むしろ、肌を柔軟にしてくれる働きをしてくれます。

 

●デカステアリン酸ポリグリセリル-10

乳化在として使われている界面活性剤の一種ですが、食品にも添加可能な安全性の高い成分です。肌に浸透しない非イオン界面活性剤なので、敏感肌の人でも使えます。

 

●酸化チタン

酸化チタンは、肌に当たる紫外線を散乱してくれる日焼け止め効果のある成分で肌へのフィット感にも優れています。そう聞くと、肌が乾燥しやすくなるのでは?と副作用の心配が出てきそうですが、酸化チタン自体は、低刺激成分でアレルギーも起こしにくいので安心して使用できます。

 

●酸化鉄

酸化鉄にも紫外線予防効果があります。しかし、微量の金属が含有しているため、金属アレルギーを持っている人が使用すると、アレルギー症状が出る可能性があります。但し、酸化鉄は毒性がない成分として、化粧品など多くの製品に配合されていますので、危険性の低い成分ではあります。

 

●使用期限

ハンドピュリナは、未開封の状態で2年持ちますが、一度開封すると2ヶ月以内に使用する必要があります。そのため、開封から2ヶ月過ぎての使用で、何らかの副作用が出る可能性があります。けちらず毎日使用するのが一番です。

 

●まとめ

ハンドピュレナの副作用について調べてみましたが、不安になるような成分は配合されていませんでした。それでも肌に合うか不安な人は、メールか電話で相談することができます。

 

公式サイトあなたの“老け手”に本気のエイジングケア『ハンドピュレナ』

 

 

page top