老け手 原因 対策

老け手の原因 対策

老け手の3つの原因とは?

お顔のケアにばかり気を使ってハンドケアはノーマークという女性は意外に多いものです。手も顔の皮膚と同じくとても繊細で老化が出やすい場所なのです。ですからいつまでも若々しい手を維持するためには毎日しっかりお手入れをする必要があります。

 

老け手を引き起こす原因はどんなものがあるのか気になりますね。主原因は大きく分けて次の3つあると言われています。

 

1・紫外線の影響

手の甲は意外にも紫外線が当たりやすい箇所です。ですが顔に日焼け止めはしっかり塗っていても手の甲にまで日焼け止めを塗らずに外出してしまうことが多いようです。

 

そうなると強い紫外線にさらされてしまった手の甲は、あっという間に紫外線ダメージを受けてしまいシミやシワなどができることで見た目がシワシワの老けた印象になってしまうのです。

 

外出する時には必ず手の甲にもしっかりと日焼け止めクリームを塗ってから出かけるようにしたいですね。紫外線は皮膚組織を傷めますから老化を早めてしまうので本当に怖いので注意しましょう。

 

2・乾燥

 

 

手の皮膚というのは結構薄い組織です。ですから毎日きちんと保湿対策を行なっていないとあっという間に乾燥してカサカサになってしまいます。かさついた肌はシワをたくさん作ってしまいますし皮膚そのもののバリア機能も低下してしまうため、より肌質が悪化してしまうことにつながります。

 

朝起きた時、そして夜寝る前の1日二回は必ず保湿効果の高いハンドクリームでしっかりお手入れをしておくことが望ましいです。できれば夜寝る際にはハンドクリームを使った後手袋をして寝るとさらに潤い効果が浸透しやすいのでおすすめです。

 

3・老化
年齢を重ねるごとに皮膚にハリや潤いを与えてくれるコラーゲンが減少してしまいます。すると潤いが失われ、常にかさついてシワがたくさんできたり老人性のシミが増えていくのです。

 

日頃から美容成分や薬用成分の配合されたハンドクリームや美容クリームでお手入れをしてアンチエイジングに努めましょう。

 

老け手 対策として

手を乾燥させない最も手軽な方法が、ハンドクリームを塗ることです。

でも、乾燥を感じない春から夏にかけては、ハンドクリームを塗らない人が沢山いると思います。
私は、季節に関係なく1年中ハンドクリームを塗っています。
年齢を重ねるごとに保湿力が低下してしまいます。
ですから、手の保湿力を高める為には、年間通してハンドクリームを塗って、セラミドなどの保湿力を高める成分をしっかりと補うことが大切です。

 

 

それに、顔と同じように、紫外線を浴びると手も老化してしまいます。

紫外線を防ぐ目的もあり、私が使用しているのは日焼け止め効果があるハンドクリームです。
顔とは違って、手は一日に何回も洗いますから、その度にハンドクリームの効果がなくなってしまいます。

 

私は、自宅にいるときはもちろん、外出する時にも日焼け止め効果があるハンドクリームを携帯して、手を洗うたびに塗り直しています。
こうすることで、常に紫外線を防止することができます。

 

その他、車の運転をする時には手袋やアームカバーを使っています。
UVカット加工がされている、おしゃれな手袋やアームカバーが沢山販売されていますから、好きなデザインを選ぶことができます。

 

このように日々の老け手の対策をとっていることで、人に見せても恥ずかしくないキレイな手をキープすることができます。

 

公式サイトあなたの“老け手”に本気のエイジングケア『ハンドピュレナ』

 

page top